妊産婦健康診査及び新生児聴覚検査の費用一部助成のご案内

公開日 2023年12月28日

妊婦一般健康診査、新生児聴覚検査(初回検査)、産婦健康診査を県外医療機関等で受診された方へ

 県内の医療機関で利用できる妊婦一般健康診査、新生児聴覚検査(初回検査)及び産婦健康診査「受診票」は、里帰り出産等の理由により県外の医療機関で受診される場合は利用できません。このため、藍住町では、県外医療機関で受診される各健診費用等の一部助成をしています。

 

助成の対象

各健康診査等の受診日に藍住町に住民登録を有している方

〈妊婦一般健康診査〉
・1人14回を上限、多胎妊娠超音波検査(対象者は多胎妊娠の方のみ)については1人2回を上限に、町が定める単価を超えない範囲で検査にかかった費用
〈新生児聴覚検査(初回検査)〉
・検査方法(自動聴性脳幹反応検査(自動ABR)又は耳音響放射検査(OAE))によって町が定める単価を超えない範囲で検査にかかった費用
〈産婦健康診査〉 ※令和6年1月1日以降に出産された方が対象です。
・1人2回を上限に、町が定める単価を超えない範囲で産婦健診にかかった費用

 

申請に必要な物

  • 県外医療機関等における妊産婦健康診査料(又は新生児聴覚検査料)助成申請書兼請求書
  • 母子健康手帳
  • 印鑑
  • 健康診査または検査にかかる領収書及び診療明細書
  • 振込先を確認できる書類(通帳、キャッシュカード等)
  • 申請される方の身分証明書

(以下は該当するもののみ)

  • 未使用の妊婦一般健康診査受診票
  • 未使用の多胎妊婦超音波検査受診票
  • 未使用の新生児聴覚検査受診票
  • 産婦健康診査票

   ※ 産婦健康診査票は検査項目、診察所見、指導内容、市町村への連絡事項の各欄に結果が記入されているものに限る。
   ※ 記入がない場合、助成できないことがありますので、必ず医療機関等へ記入を依頼してください 。

 

提出方法

藍住町保健センターの窓口へご提出ください。  

※郵送等での申請は受け付けていません。

 

注意事項

  • 保険診療をした場合の自己負担分や文書料、物品購入費等は対象外です。
  • 赤ちゃんの健診については払い戻しできません。乳児一般健康診査受診票(1か月児健康診査用)は1歳のお誕生日の前日まで使用できますので、藍住町に戻られてから使用してください。
  • 藍住町外に転出した場合は、転出先の市町村で受診票の交換をしてください。 

 

ダウンロード書類

健康診査等費用の一部助成のご案内[PDF:318KB]

県外医療機関等における妊産婦健康診査料助成申請書兼請求書[PDF:464KB]

県外医療機関等における新生児聴覚検査料助成申請書兼請求書[PDF:452KB]

医療機関宛依頼文書[PDF:489KB]

お問い合わせ

所属 保健センター
TEL:088-692-8658 088-637-3132

PDFの閲覧にはAdobe社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード