文化ホールの貸出制限の見直しについて

公開日 2021年03月08日

今般の新型コロナウィルス感染状況の拡大を受け、3月1日(月)より、総合文化ホールの貸出を当面の間、次の基準で制限します。
ご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力のほどよろしくお願いします。

※今後の感染症拡大状況により基準が変更となる場合があります。また、基準の変更により貸出が中止となった場合、使用料の返還はいたしますが、
その他の補償はいたしかねます。ご了承ください。

主催者において責任を持ち、次に記載している感染症予防対策を実施してください。
実施できない場合は、貸出しをお断りします。

 

◎全般◎

 ・マスク着用の徹底(着用されていない方の入場はお断りします)

 ・入口での検温を実施(37.5℃以上の方の入場をお断りします。体温計貸出可)

 ・密閉の回避(こまめに換気をしてください)

 ・密集の回避(ソーシャルディスタンスの確保を徹底してください。また、入退場時に密になることを避けてください)

 ・密接の回避(可能な限り、近接での会話等を回避してください)

 ・手洗い・消毒(こまめな手洗い、手指消毒をお願いします。また、入場時には消毒用アルコールにて手指消毒に御協力ください)

 ・来場者の調査(利用者名簿を提出してください。名簿は、新型コロナウイルス患者が発生した場合に、保健所等に提出することがあります)。

 ・大声を出さない(出すものがいた場合の、個別に注意、対応等できる者の配置)

 ・お客様の入場をお断りした場合に、主催者側でも払い戻しの措置ができるよう規定しておいてください。

 ・催物前後の行動管理(交通機関、イベント後の打ち上げ等における三密の回避)

 ・政府の接触確認アプリ(COCOA)、とくしまコロナお知らせシステムのインストールをお願いします。

    

      COCOA         とくしまコロナお知らせシステム

      GooglePlay      AppStore

             

 

 

◎各施設の貸出について◎

 

1.貸出ができない行事

 〇入退場や区域内の行動管理ができない行事

 

2.貸出の規制の一覧

 

大声での歓声・声援等がない行事

左記以外の行事

備考

大ホール

600名程度まで

300名程度まで

特に大ホール・小ホール、あいずみモール、あいずみ広場の使用にあたっては、貸出し時に感染防止対策が講じられているか、資料(レイアウト図、次第、イベント案内等)の提示を求めます。


1,000人以上収容のイベントについては、事前に県危機管理政策課(088-621-2708)に開催の是非を相談してください。

 

小ホール

100名程度まで

50名程度まで

交流室1

12名まで

6名まで

交流室2

24名まで

12名まで

交流室2全面

64名まで

32名まで

交流室3

16名まで

8名まで

和室

16名まで

8名まで

調理室

36名まで

12名まで

キッズスペース

8名まで

4名まで

スタジオ

5名まで

5名まで

あいずみモール

間隔を十分にとって

慎重に検討

あいずみ広場

間隔を十分にとって

慎重に検討

楽屋1

若干名

若干名

着替えスペースが不足する場合は、更衣室(無料)もご利用ください。

楽屋2(全面)

14名

14名

楽屋3

6名

6名

 

貸出しを規制、又は規制を緩和する行事
 〇大声での歓声や声援等が想定されない行事
  ・・・収容率100%以内で開催できます。ただし、大・小ホールについては、舞台と観客と
     の間隔を確保するため最前列のみ使用制限を行うほか、主催者の判断により、客席の
     間隔を十分に空け、収容率が50%以下になるよう努めてください。
     (例:映画、クラシックコンサート、講演、会議、研修等)
 〇人の出入りが激しい行事
  ・・・会場内の人が定員より多くならないように、入場規制をしてください。
     (例:展示会、健診等)
 〇大声での歓声や声援等が想定される行事
   ・・・引き続き50%の座席の使用制限(1席ずつ間隔をあける)を設けてください。
   (例:ロック、ポップコンサート等)

◎使用の個別条件◎
 1.換気について
 〇大ホール、小ホール・・・出入口扉の開閉を公演前、休憩中、公演後に行ってください。
              温度に関係なく、空調又は換気を有りにしてください。
 〇スタジオ・・・換気扇をつけ、1時間に最低1回、5分程度ドアを開けて換気してください。
 〇上記以外・・・常時、換気扇をつけ、扉を開けて換気を行ってください。

2.大ホールの使用条件
 ・感染防止対策チェックシートをお渡しします。各項目を確認し、提出してください。
  感染防止対策チェックリスト(大ホール)[PDF:177KB]
 ・最前列を飛沫感染防止のため使用禁止にします。
 ・客席は指定席とするか、観客がどの座席に着席したかわかるように対策してください。
 ・グッズ販売は接触回避のため禁止します。(小規模なものは、感染症対策の上実施可)
 ・接触を避けるため、差し入れやプレゼントは控えるよう周知してください。
 ・楽屋で食事をする際は、その部屋の収容率50%未満で使用してください。また、ロビー・ホワイエ等共有スペースでの食事は禁止します。
 ・片付けの際に、客席を消毒してからお帰りください(消毒液はお貸しします)。


3.小ホールの使用条件
 ①    公演・会議の場合
  ・座席はできるだけ1m以上開けてください。
  ・会場入り口の行列はできるだけ1m以上開けてください。
 ②    練習の場合
  ・練習中であってもできるだけマスクを着用してください。
  ・必要がなければ、対面を避け、各人の距離はできるだけ1m以上開けて練習してください。
 ③    展示会その他の場合
  ・必ず入場制限をかけてください。
  ・小ホール内は十分な人と人との間隔(できるだけ1m以上)を保ってください。

4.交流室、和室、調理室、キッズスペース、スタジオの使用条件
 ・定員以上の人が入らないよう、必要に応じて入場制限をかけてください。
 ・共有スペースでの食事は禁止します。
  ※ただし、調理室等決まったお部屋で食事する際は
  ・対面を避け(正面や真横はなるべく避ける)間隔を十分に開けてください。
  ・大皿は避けて、料理は個々に。料理に集中、おしゃべりは控えめに。
  ・回し飲みは避けてください。
  ・食べるときだけマスクを外し、会話の時はマスク着用、若しくは黙食を推奨します。
 

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード
ページトップに戻る