創業支援事業計画について

公開日 2014年11月01日

  藍住町の創業支援事業計画が国の認定を受けました

 藍住町は、産業競争力強化法に基づく「創業支援事業計画」を策定し、平成26年3月20日に国の第1回認定を受けました。 

 平成26年度~平成28年度、町は商工会と連携して、町内で創業を希望する方の支援に取り組みます。

 商工会は、個別相談会、創業塾、セミナーの開催、空き店舗の斡旋等を行い、町は、その窓口的役割と創業者への助成など創業希望者を支援します。

 本計画に定める「特定創業支援事業」を受けた方は、国等の支援を受けることができます。

藍住町創業支援計画の概要図(286KB)

特定創業支援事業

 本計画では、藍住町商工会が実施する「藍住町創業塾」が特定創業支援事業となっています。

 創業塾とは、全8回の講座で、事業を開始するための心構え、ビジネスプラン作成研修、融資制度や創業事例の紹介など、実際の創業に役立つ講座です。

 受講終了した方に、町への申請により、特定創業支援事業による支援を受けたことの証明書を交付します。

藍住町創業塾の受講修了条件について

 次の1~3を全て満たす方について創業塾を受講修了したものとします。

  1.事業計画を作成すること

  2.全8回の講座のうち6回以上出席すること

  3.次の(1)~(4) に関するそれぞれの講座について、必ず一つは受講すること

   (1)経営に関する知識・・・1、2、7、8日目
   (2)財務に関する知識・・・4、5、8日目
   (3)人材育成に関する知識・・・5、8日目
   (4)販売の方法に関する知識・・・3、6、8日目

 創業塾の日程や詳しい講座内容は創業支援ホームページをご覧ください。

特定創業支援事業を受けた創業者への支援

 特定創業支援事業による支援を受けたことの証明書を法務局や信用保証協会に提出することにより、次の特例が受けられます。 

  1.町内で株式会社を設立する際の登録免許税が軽減されます。
    資本金の0.7% → 0.35% (最低税額は15万円のところ7.5万円に減額)

  2.無担保、第三者保証人なしの創業関連保証の枠が1,000万円から1,500万円に拡充されます。

  3.創業2ヵ月前から対象となる創業関連保証の特例について、事業開始6ヵ月前から利用の対象になります。

 「藍住町商工業者チャレンジ支援事業補助金」が受けられます。

 創業塾の受講修了は、本補助金の対象条件の一つです。

 家賃・借入利子・リース料などの対象経費について、年間10万円を限度として、創業から3年間補助します。

 詳しくはこちらをご覧ください。

証明書の申請について

 特定創業支援事業による支援を受けた方で、証明書が必要な方は、申請書に必要事項を記入のうえ、経済産業課へ提出してください。

  交付申請書(様式)(14KB)

  交付申請書(様式)(46KB)

  交付申請書(記載例)(54KB)

  交付手数料   : 無料
  交付申請期限 : 特定創業支援事業による支援を受けた最終の日から2年以内 

創業支援ホームページができました

 創業に関するお役立ち情報が掲載されています。

 創業塾、創業相談会への申込みもできます。

 藍住町創業支援URL : http://aizumi-sougyo.net

お問い合せ

藍住町商工会
TEL:088-692-2816 FAX:088-692-8976

藍住町経済産業課
TEL:088-637-3120 FAX:088-637-3152

関連記事

関連ワード

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード