【終了】古今亭志ん橋一門会

公開日 2021年11月30日

この公演は終了しました。

 

志ん吉 改メ 古今亭志ん雀真打昇進披露興行
古今亭志ん橋一門会 

古今亭の至芸、再び!
昨年、藍住町で口演され、好評を博した古今亭志ん橋師匠が再び藍住にやってきます。
その志ん橋師匠のお弟子さんが昨年秋に真打昇進しました。上方にはない真打制度。簡略ではありますが、徳島で江戸落語の真打昇進披露口上を行います。
みなさんもご一緒に若手落語家の前途を応援しましょう。
今回の聞きどころは、この噺をさせたら右に出る者はいないといってもよい「藪入り」を志ん橋師匠にたっぷり語っていただきます。

古今亭志ん橋一門会トップ画像

【ご来場のお客さまへお願い】

発熱等、体調に異常がある方はご来場をお控えください。
マスクの着用や手指の消毒等、感染症対策にご協力をお願いします。感染症対策を「主催・共催公演での感染症対策」でご確認の上、ご来場ください。
感染拡大の状況により公演が延期又は中止となる場合がございます。ご来場前にこのページでご確認くださいますようお願いします。

日時

令和4年2月13日(日)
開演/午後2時(開場/午後1時30分)、午後4時頃終演予定

場所

藍住町総合文化ホール 大ホール

出演者

古今亭志ん橋、古今亭志ん丸、古今亭志ん雀

演目

◆真打昇進披露口上
◆古今亭志ん丸 落語 お楽しみ
◆古今亭志ん雀 落語 お楽しみ
 ~中入り~
◆古今亭志ん丸 落語 お楽しみ
◆古今亭志ん橋 落語「藪入り」

木戸銭【全席指定】

・一般 2,000円(当日2,500円)
高校生以下 500円(当日1,000円)
・藍住町民券 1,500円(当日販売なし)

※藍住町民券を購入の際は住所確認ができるものをご持参ください。

チケット取扱い

 藍住町総合文化ホール、電子チケット

※チケットの購入方法は「チケットの購入方法」でご確認ください。

電子チケット

  チケット購入ボタン ←電子チケットの購入はこちらから。

※電子チケットの詳細は「電子チケットはじめました!」でご確認ください。

チケット発売日

令和3年12月16日(木) 午前9時から
※藍住町民券の取扱いはホール窓口のみ。

出演者紹介

古今亭志ん橋

古今亭志ん橋(ここんてい しんきょう)
1944年東京都墨田区出身。69年古今亭志ん朝に入門。前座名「志ん太」。75年二ツ目昇進。82年真打昇進し、六代目「古今亭志ん橋」を襲名する。
76年第1回国立劇場花形演芸新人賞、78年日刊飛切落語会努力賞、86年第2回台東区浅草演芸大賞新人賞、86年文化庁芸術祭賞団体賞受賞。
趣味は三道楽(酒・女・博打)、観劇、新内、ゴルフ、スキー。
昨年は人情噺の名作「柳田格之進」を65分の長講で熱演。会場を感動の渦に巻き込みました。

 

 

古今亭志ん丸

古今亭 志ん丸(ここんてい しんまる)
1972年埼玉県深谷市出身。94年古今亭志ん橋に入門。前座名「きょう助」。99年二ツ目昇進し、「志ん太」と改名。2008年真打昇進し、三代目「古今亭志ん丸」を襲名する。
05年にっかん飛切落語会奨励賞、06年にっかん飛切落語会努力賞受賞。
趣味は、おいしいものを食べること、感動する話を聞くこと、笑顔を見ること、笑い声を聞くこと。
名人古今亭志ん朝の愛弟子古今亭志ん橋の惣領弟子。徳島では般若院寄席などでおなじみ。古今亭のネタを大事に古典落語を丁寧に熱演。
映画「のようなものののようなもの」では主演松山ケンイチ、北川景子に落語を指導。芸人らしい落語家さんだ。

 

古今亭志ん雀

古今亭 志ん雀(ここんてい しんじゃく)
1980年東京都練馬区出身。2006年古今亭志ん橋に入門。前座名「志ん坊」。10年二ツ目昇進し、「志ん吉」と改名。21年9月に真打昇進し、「古今亭志ん雀」と改名する。
真打昇進ホヤホヤの志ん雀です。貧弱ではありません。
今までは師匠の喋り方をただただなぞってきましたが、これからは自分の芸を模索する段階です。
レールをはずれることになるので、ことによるとメチャクチャな高座になるかもしれません!
生みの苦しみの真っ最中と思って見守ってやってください。
なお耳を動かせます。見たいかたは楽屋まで。

チラシダウンロード

古今亭志ん橋一門会チラシ画像

チラシのPDFはこちら→ 古今亭志ん橋一門会チラシ[PDF:791KB]

主催・協力・助成

主催:藍住町芸術文化鑑賞事業実行委員会(藍住町総合文化ホール)

協力:徳島で江戸落語を楽しむ会(須藤茂樹)

AFF2ロゴ 文化庁「ARTS for the future!2」補助対象事業

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード
ページトップに戻る