入船亭扇遊・扇蔵おやこ会

公開日 2022年06月11日

入船亭扇遊・扇蔵おやこ会 

待ってました!「入船亭」
2019年に紫綬褒章を受章した入船亭扇遊とその惣領弟子扇蔵によるおやこ会。
扇遊は、CD、DVDも発売されている実力派の落語家。
扇蔵は13年ほぼ毎年徳島で落語会を開催しているお馴染みの落語家です。
今回は、殿様が出てくる江戸落語らしい噺で、笑いのなかにほろっとくる「妾馬」を確かな話芸でたっぷり聴かせます。

入船亭扇遊・扇蔵おやこ会トップ画像

【ご来場のお客さまへお願い】

発熱等、体調に異常がある方はご来場をお控えください。
マスクの着用や手指の消毒等、感染症対策にご協力をお願いします。感染症対策を「主催・共催公演での感染症対策」でご確認の上、ご来場ください。
感染拡大の状況により公演が延期又は中止となる場合がございます。ご来場前にこのページでご確認くださいますようお願いします。

日時

令和4年8月28日(日)
開演/午後2時(開場/午後1時30分)、午後4時頃終演予定

場所

藍住町総合文化ホール 大ホール

出演者

入船亭扇遊、入船亭扇蔵

演目

◆入船亭扇蔵 落語 お楽しみ
◆入船亭扇遊 落語 お楽しみ
 ~中入り~
◆入船亭扇蔵 落語 お楽しみ
◆入船亭扇遊 落語 「妾馬(めかうま)」

木戸銭【全席指定】

・一般 2,000円(当日2,500円)
高校生以下 500円(当日1,000円)
・藍住町民券 1,500円(当日販売なし)

※藍住町民券を購入の際は住所確認ができるものをご持参ください。

チケット取扱い

 藍住町総合文化ホール、電子チケット

※チケットの購入方法は「チケットの購入方法」でご確認ください。

電子チケット

  チケット購入ボタン ←電子チケットの購入はこちらから。

※電子チケットの詳細は「電子チケットはじめました!」でご確認ください。

チケット発売日

令和4年6月13日(月) 午前9時から
※藍住町民券の取扱いはホール窓口のみ。

出演者紹介

入船亭扇遊

入船亭 扇遊(いりふねてい せんゆう)

故入船亭扇橋の惣領弟子。滑稽話を得意とする古典落語の実力派。
扇橋は俳人でもあり、その弟子たちは俳句の嗜みを持つ。
2018年に芸術選奨 文部科学大臣賞(大衆演芸部門)、2019年紫綬褒章受章。
「朝日名人会シリーズ」など、CD、DVD多数発売。



 

入船亭扇蔵

入船亭 扇蔵(いりふねてい せんぞう)

入船亭扇遊の惣領弟子。真打昇進とともに四代目扇蔵を襲名。
二つ目の遊一の頃から、北島町創世ホール、鴨島公民館、脇町オデオン座、四国大学など徳島で落語会を精力的に開催。
端正な語り口、これからが楽しみな噺家さんである。
 

チラシダウンロード

入船亭扇遊・扇蔵おやこ会チラシ画像

チラシのPDFはこちら→ 入船亭扇遊・扇蔵おやこ会チラシ[PDF:2.85MB]

主催・協力・助成

主催:藍住町芸術文化鑑賞事業実行委員会(藍住町総合文化ホール)

協力:徳島で江戸落語を楽しむ会(須藤茂樹)

AFF2ロゴ 文化庁「ARTS for the future!2」補助対象事業

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード
ページトップに戻る