第4回わろてな!狂言会

公開日 2022年12月13日

第4回わろてな!狂言会

 藍住町出身の狂言師、河野佑紀によるわかりやすい解説、体験付きの狂言会です。初めての方でも安心してお楽しみいただけます。
 第4回は、山伏が人の家の柿を食べてしまう「柿山伏」と、狸を巡った主人と太郎冠者のやりとりが楽しい「隠狸」の二本立て!!
 そして鶴澤友輔氏の演奏により徳島ならではの楽しい公演をお届けします。
 当日、ハレルヤの金長まんじゅうをプレゼント!たくさんのご来場をお待ちしております。

第4回わろてな!狂言会トップ画像

【ご来場のお客さまへお願い】

発熱等、体調に異常がある方はご来場をお控えください。
マスクの着用や手指の消毒等、感染症対策にご協力をお願いします。感染症対策を「主催・共催公演での感染症対策」でご確認の上、ご来場ください。
感染拡大の状況により公演が延期又は中止となる場合がございます。ご来場前にこのページでご確認くださいますようお願いします。
 

日時

令和5年2月10日(金曜日) 開演/午後7時(開場/午後6時30分)

場所

藍住町総合文化ホール 大ホール

出演者

河野 佑紀(藍住町出身)
野村 万之丞
山下 浩一郎(香川県出身)
鶴澤 友輔(ゲスト)

演目

柿山伏(かきやまぶし)
隠狸(かくしだぬき)

入場料【全席指定】

一   般 2,000円(当日2,500円)
高校生以下    500円(当日1,000円)
藍住町民券 1,500円(当日販売なし)

※藍住町民券を購入の際は住所確認ができるものをご持参ください。

チケット取扱い

 藍住町総合文化ホール、電子チケット
 ※チケットの購入方法は「チケットの購入方法」でご確認ください。

電子チケット

  チケット購入用リンク ←電子チケットの購入はこちらから。

・電子チケットの詳細は「電子チケットはじめました!」でご確認ください。

チケット発売日

 令和4年12月15日(木曜日)午前9時から
 ※藍住町民券の取扱いはホール窓口のみ。

出演者プロフィール

河野佑紀

河野 佑紀(かわの ゆうき)

1990年生まれ。徳島県藍住町出身。
九世野村万蔵に師事。
東京を拠点に多くの舞台を勤めるほか、地元徳島での活動を意欲的に取り組む。
劇団青年座、日本ナレーション演技研究所、狂言講師。
 

野村万之丞

野村 万之丞(のむら まんのじょう)

1996 年生まれ。九世万蔵の長男。
祖父の萬及び父万蔵に師事。
2017 年、六世野村万之丞を襲名。
大河ドラマ「西郷どん」明治天皇役。
 

山下浩一郎

山下 浩一郎(やました こういちろう)

1970 年生まれ。香川県さぬき市出身。
九世万蔵に師事。
東京の舞台を中心に活動。
学校公演や小中高生向けワークショップなども積極的に行なう。

04_鶴澤友輔

鶴澤 友輔(つるざわ ともすけ)

東京芸術大学音楽学部邦楽科卒業。人間国宝鶴澤友路に師事。
国民文化祭・とくしま2007では瀬戸内寂聴原作の新作浄瑠璃「義経街道娘恋鏡」「モラエス恋遍路」の作曲・演奏を担当。

チラシ

第4回わろてな!狂言会チラシ画像

チラシのPDF
第4回わろてな!狂言会チラシ[PDF:6.45MB]

主催・助成・後援・特別協賛

主  催:藍住町教育委員会、藍住町芸術文化鑑賞事業実行委員会
助  成:(公財)徳島県文化振興財団文化振興基金
後  援:一般社団法人徳島新聞社、四国放送株式会社、エーアイテレビ株式会社
特別協賛:株式会社ハレルヤ

PDFの閲覧にはAdobe社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード
ページトップに戻る